Google Console Search(旧名:ウェブマスターツール)の使い方と登録方法

GoogleSearchConsolelogo

はじめに

Search ConsoleとはGoogleが公式で提供するウェブ担当者・管理者のための無料ツールです。
Search Consoleと連携することで、自分のサイトの状態や、Googleにどのように認識されているのか、外部リンク&内部リンク、サイトパフォーマンス、そしてGoogleからの警告など、サイト運営において重要な情報を見ることができます。
 

Google Search Console登録方法

まずはこちらにアクセスし、Googleのアカウントでログインします。
ここで「プロパティを追加」することになりますが、これは管理をしたウェブサイトにURLを入力してください。
GoogleSearchConsole01

次に、管理方法に移ります。管理の方法はいくつか用意されていますが、一番簡単でメジャーである、HTMLタグを用いた方法を設定してみます。

まずは、下図のように「別の方法」タブを開き、HTMLタグのラジオボタンをクリックします。
GoogleSearchConsole03

すると、コードが表示されるので、自身のサイトのheadタグ内に設置します。
WordPress(ワードプレス)の場合は、[外観]>[テーマ編集]の中のヘッダー(header.php)の中の</head>の直前に設置するとよいかと思います。

設置後、「確認」を押します。
「所有権が確認されました」のメッセージが表示されれば、正常に設定が完了したことにななります。

GoogleSearchConsole04

Google Search Console登録したら実施したい2つの設定

Google Search Consoleの登録だけでもサイトの状態を確認することができたらい、インデックス化を早くすうることが出来ますが、更に、以下の2つの設定を行うことでより効果的なSEO対策につながります。
①XMLサイトマップの送信
②Fetch As Googleでインデックスのリクエスト送信

それぞれ順番に説明して行きます。
XMLサイトマップの送信

XMLサイトマップの作成はいくつか方法があります。 ここでは既に作成したものとして先に進めます。まだ作成していない方は 以下の記事を参考に作成してみてください。

WordPressプラグイン「All in One SEO」を利用したXMLサイトマップ作成方法はこちら
一般的なXMLサイトマップの作成方法はこちら

Search Consoleのダッシュボードから「サイトマップ」をクリックします。
GoogleSearchConsole05

「サイトマップの追加/テスト」をクリックし、自身のサイトマップURLを入力します。
特別な作り方をしていない場合は、XMLサイトマップのファイル名は以下と同じになるはずです(実際にURLアクセスして確かめて下さい)

GoogleSearchConsole06 GoogleSearchConsole07
入力後、「テスト」をクリックします。「テスト結果の表示」を押して内容を確認します。

GoogleSearchConsole08
以下のようにエラーがなければ、正常にXMLの送信テストが完了です。

GoogleSearchConsole09
テストが成功したので「サイトマップの追加/テスト」で今度は「送信」をクリックします。
これで設定完了です。

記事を作成・更新した場合、定期的にサイトマップの送信を行うとよいかと思います。
 

Fetch as Googleリクエスト送信

インデックス化を早くする為の機能をもうひとつ紹介します。
Google Search Consoleの左メニューから[クロール]>[Featch as Google]を選択します。
そして、インデックスのリクエスト送信したいURL(以下ではトップ画面なので空欄)を入力し、「取得」をクリックします。

Fetch_as_Google01

送信方法の選択が表示されるので以下の画像のように選択して、「送信」を行います。

Fetch_as_Google03

ステータスが「完了」となっていれば、リクエストの送信完了です。

Fetch_as_Google05

PCだけではなく、「モバイル:スマートフォン」も選択し、同様にリクエストします。Fetch_as_Google04

まとめ

新規ページを公開したら、Google Search Consoleの「サイトマップ」と「Fetch As Google」という2つの機能を使って、素早く検索エンジンにインデックス化させることが重要になりますので使い倒して行きましょう。

特に、「Fetch as Google」の機能を用いると通常1日かかるインデックスが数分で完了することもあります。無料で強力な方法ですので是非活用してみてください。

 

東大式Facebook広告の決定版!2016年限定公開

記事では公開していないFacebook広告で成功するノウハウや結果を出す為の方法を映像とPDFで収録しています。
実際に私やお客様が体験して成功した貴重なものを集めた集大成ですFacebook広告で売上を更にあげたい方、体系的に知りたい方は是非チェックしみてください。

東大式facebook広告

tokitanaokiサラリーマン&C.E.O

投稿者の過去記事

東京大学大学院修了。某大企業に務める傍らでWeb制作、Webマーケティング、システム開発、動画・画像制作ビジネスを展開。物販ビジネスにも従事し、月商300万円を達成。

人気記事

  1. 便利なWordPressのテンプレート BizVectorWordPressで便利なテンプレートで…
  2. 今回は本当にブログっぽく記載させていただきます。単なるつぶやきですのでお時間ある方は是非お読みくだ…
  3. duplicator_20151009
    WordPressのローカル環境から本番環境の移行ってどうやるの??ホームページやランディングペー…
PAGE TOP